七五三とおしゃれ

レディースプエラリア 99%

Pocket

お母さんも女性ですから、おしゃれを楽しみたいと思っているはずです。
ただ、子どもができたら、子ども中心の生活になってしまっていることでしょう。
七五三のお祝いでは男の子も女の子も着物を着せてやりたいと思うのが親です。
今流行している着物をレンタルして、ちょっとしたおしゃれを楽しみたいのでしょう。
家族で記念撮影をするためにお母さんも新調するかもしれません。
大人は新しく購入したら、それを何度か着る機会があります。
しかし、七五三の子どもの着物は次の機会があることは少ないでしょう。
兄弟がたくさんいれば、順番に着せていいかもしれません。
お母さんがおしゃれを楽しむために子どもの着物を選ぶことが悪いわけではありません。
お祝いだからです。
何事もなく無事成長してくれたことを素直に喜びましょう。
それが七五三の意味なのです。
世の中にはおしゃれをする機会さえない人もいます。
そのような人と比べると贅沢になるでしょう。
しかし、それは割り切るべきです。
自分たちの子どもがしっかりと大きくなってくれてありがとうの気持ちを忘れないようにしてください。
そのことを改めて考える機会が七五三ではないでしょうか。
子どもが病気などで長く生きられなかった時代は男の子の五歳という年齢が重要なポイントだったのでしょう。
現代ではそこまで深く考える人いません。
おしゃれを楽しんでいいのです。
今年の流行やブランドを追いかけてもいいですが、親からのお下がりの羽織袴も悪くありません。

コメントは受け付けていません。