七五三と男の子の年齢

レディースプエラリア 99%

Pocket

七五三のお祝いをする年齢は具体的に何歳でしょうか。
昔は数え年が一般的でしたが、現代では満年齢を普通に使います。
女の子は三歳と七歳、男の子は三歳と五歳です。
ただ、兄弟がいる場合は二人まとめて七五三の写真を撮ることも多いですから、厳密に年齢を考えなくてもいいでしょう。
要するに子どもの成長をお祝いすればいいのです。
具体的なお祝い方法は着物を着て、神社にお参りをして記念撮影を撮るパターンです。
お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に食事を楽しむのもいいですね。
子どもとしても自分のことを祝ってもらってうれしいはずです。
家族みんなで記念撮影をすることと、食事をすることが家族であることを意識できるのではないでしょうか。
無理してお金をかける必要はありません。
着物のレンタルも安い商品を選んでください。
男の子は高い着物を着せてもらうことよりも、ハンバーガーをたくさん食べられることの方がうれしいはずです。
現代において七五三の意味は昔と変わってきているでしょう。
もちろん、時代が変われば人の考え方も変わるからです。
少子高齢化が進むにしたがって、子どもたちの数が減少していきます。
七五三のお祝いは貴重な行事となるのかもしれません。
いつの時代でも楽しい思い出となってほしいものです。
七五三の年齢で迷ったら、自分の親に聞いてみましょう。
みんな適当に考えているはずです。
つまり、その程度のことなのです。
昔は、七歳まで生きることだけでも大変だったからです。

コメントは受け付けていません。